06-6332-4331
HOME診療時間・地図医院紹介診療の流れスタッフ紹介求人情報

院長の小部屋

歯科・矯正歯科・入れ歯治療・豊中市のササモト歯科医院

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HOME»  院長の小部屋»  平成24年»  ●H24.10月

●H24.10月

●H24.10月

『裏をみせ表をみせし散るもみじ』 良寛

『裏をみせ表をみせし散るもみじ』 良寛『裏をみせ表をみせし散るもみじ』 良寛いよいよ紅葉のきれいな季節になりました。
今年、僕の最も印象に残った症例を報告します。

60歳代の女性で初診時の主訴は舌に3ヶ所程大きな潰瘍があり、痛くて食事が出来ないという主訴でした。今まで色々な科や口腔外科にも受診されていますが「かんばしくない」との事でした。口腔内を診ると臼歯部(前歯の補綴も含む)や充填物がほとんどパラジュウム合金が使われているので、金属アレルギーを疑いました。金属をはずして新しい素材でやりかえていきましょうと治療方針を説明しました。

しかし、彼女は中々僕の方針に対して同意してくれなくてかなり反抗的な態度ですので、とりあえず潰瘍に洗浄と軟膏を塗布する処置をくり返しました。そして、皮フ科でパッチテストを受けてもらい使われているパラジュウム合金の中に含有しているコバルトが、(+5)と陽性反応が出ました。

そして、口腔内に装着されている金属をはずし出来るだけ金属を使わない補綴物に変えた結果、潰瘍は消失し、前歯部の補綴も少し若々しい歯列にし、色も少し白い目にした結果、見違えるような顔ぼうになり、来院するたびお化粧もされて来られて明るくきれいになられたように思われます。患者さんが永い間悩まされてきた問題が解決出来そうな気がしています。

阪神 あかん。
今年は7月で野球は終わったと僕は思っています。それ以降、余り野球は見ていません。高い給料(一軍の選手の総年棒は12球団の中で2番目に高い年棒)をもらっているにもかかわらずですよ。ファンにも悪い、弱い阪神は甲子園には見に行かないようにする事が必要です!! 次回に、阪神の再建に対する提言をしてやろうと思っています。

2012-10-01 00:00:00

平成24年

 
pagetop