06-6332-4331
HOME診療時間・地図医院紹介診療の流れスタッフ紹介求人情報

院長の小部屋

歯科・矯正歯科・入れ歯治療・豊中市のササモト歯科医院

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HOME»  院長の小部屋»  平成24年»  ●H24.12月

●H24.12月

●H24.12月

『冬来たりならば 春遠からじ』

院長の小部屋7

西明寺にて

院長の小部屋8

西明寺にて

いよいよ、冬将軍がやってきましたね。
今年は、きれいな紅葉を観る機会がたくさんありまして、特に、湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)の西明寺の紅葉が抜群でした。

さて、阪神再建策を考えてみました。
ある人からこんな話を聞きました。
輸送中にフグを死なさない方策についての話ですが、「下関のフグを生きたままどうやって東京に輸送しているのか。それは、水槽の中にフグの天敵であるカワハギを入れることによって、フグは常に危機感を持ち続ける。それによって死亡率は大幅に下がった」との事です。
まず、これですわ。

このカワハギの役をする人がチームの中に居ないのと違いますか。
本当は『監督』がこのカワハギの役をすべきですが、どうも和田監督のコメントを聞いていると、余りにも当たりさわりのないコメントで、もっと自分の感情を出して良いのと違いますか。同じようなタイプの真弓監督が、失敗したように、この調子やと1・2年で終りになりますぜ。

僕が、かってる『監督』なので、早く性格をモデルチェンジしてほしいですね。
又、どうも『監督』の仲の良いコーチばっかりを呼んでいるように思われますがね。
とにかくまず選手を、育成するカワハギになるようなコーチを入れるべきと思います。
そして、弱い阪神には、甲子園の観戦に行かないようにすべきだと思います。

『落花情あれども 流水意なし』
散る花には、川の流れに従って流れていく気持ちがあるのに流れの方は、何も知らない顔で流れていく。
我々、阪神ファンは散る花でっせ。

2012-12-01 00:00:00

平成24年

 
pagetop